マガジン

冷え症改善STEP①熱をつくるステージ

2020.06.30

【冷え症改善STEP①熱をつくるステージ】

健康な身体を大切にする素敵なアナタへ

 

さて、冷え症の体質改善STEP①で重要なポイントは

 

「熱をつくる」

 

ということです

 

手足の冷えや足先の冷えなど様々な冷えの状態が存在しますが、

 

簡単に言うと

 

熱をつくる力<冷える力

 

となると当然身体は冷えていくわけです

 

よって、冷え体質脱却のためには

 

熱をつくる力>冷える力

 

という体質を目指すことがポイントになります

 

では、どのようにすれば熱をつくる力が高まるのでしょうか

 

【東洋医学から学ぶ「気虚」と熱をつくる力】

 

東洋医学では「冷えは万病の元」と言われるように

 

冷えに対しての取り組みや改善に力を入れてきたのが、古代からの知恵です

 

薬膳や漢方、鍼灸療法、按摩、気功法など改善方法も様々です

一方、西洋医学上では冷えは単純な状態であり、

 

病気ではないので、疾患名の副症状程度にしか見てくれません

 

さて、気虚の状態とは一体どんな状態を指すのでしょうか

 

血液が不足し、血流悪化する原因は血液がつくれていないことにあります

 

この血液がつくれない体質を東洋医学では「気虚」と呼びます

 

この血液がつくれない原因は胃腸の働きにあります

 

胃腸を含めた消化管の働きが機能低下すると、

 

食べた栄養そのものが吸収出来なくなります

 

つまり、血液をつくる材料が細胞に入らないということになります

 

「血液をつくる力」=「熱をつくる力」

 

とも言えますので、冷え症の方はここ優先的に改善する必要があるのです

 

この消化機能を考慮して、

 

食品選択をしたり、

 

消化機能に負担かけない姿勢や呼吸も含めて重要とします

 

そこで活躍するのが健康4本柱を活用する「創健術」なのです

 

【世界有数の胃腸の弱い日本人だからこそ食品選択が重要】

 

実は、日本人は世界でも有数の胃腸の弱い民族なのです

 

また、飢餓にも強い民族なので、

 

不必要に食べなくても生きていけるハイブリッドなまるで車で言うとプリウスのような体質を持っています

 

そんな胃腸の弱い民族である日本人がどんどん欧米食に染まっていけばどうなるのか

 

これは生活習慣病の発症率を見ても明らかでしょう

 

胃腸の強い人は高脂肪食が続き、しっかり太ります

 

しかし、肥満により、肥大化した脂肪細胞からは様々な機能低下を起こすホルモンが分泌され

 

代謝も低下していきます

 

また、胃腸の弱い人は吸収出来なかった脂質が下痢や胃もたれ、腹痛などとなっていくら食べても太れないということになります

 

また、胃腸の弱りが精神的ストレスからが原因のこともありますし、

 

猫背など姿勢の悪さが胃腸の働きを低下させることも影響します

 

血液もつくれない、姿勢も猫背、ストレスで呼吸も浅い、栄養も偏りがちだと

 

これでは冷えの4重奏と言っても過言ではありませんし、

実際にスタジオに来られる方も複合的に冷えの要素を持っている方がほとんどです

 

【熱をつくるために必要なこと】

 

熱をつくるステージでは特に「栄養」を重視します

 

食事の最大の目的は「細胞に栄養を届けること」

 

にありますので、

 

当然、消化吸収が上手くいかなければ、

 

血液も熱もつくることはできないので体温が上がるはずもないのです

 

当スタジオで栄養指導する場合には、

 

全ての皆様に「食品カテゴリーマップ」というものをお配りし、アドバイスしています

 

この「食品カテゴリーマップ」は一般社団法人日本栄養コンシェルジュ協会が作成した栄養指導サポートツールです

 

世の中に存在する約2000種類もの食品が、

 

口に入るとたった7種類の働き(生理機能)に分けることができるのです

 

この簡便なサポートツールを活用すると、

 

気虚の改善、つまり熱をつくるステージはクリアできることになります

 

【冷え症で多い食事パターン】

 

さて、余談になりますが

 

冷え症と自覚されている方の食事には共通のパターンがいくつかありますのでご紹介します

 

もし、当てはまっていたらまずはカウンセリングだけでも受けていただければ食事の改善から冷えを脱却できるようになります

 

①朝食を食べない(食べても野菜ジュースのみなど)

 

②朝食を食べてはいるがヨーグルトとフルーツなどが多い

 

③朝食にスムージーのみ

 

④朝食にプロテインのみ

 

⑤朝食に菓子パンとコーヒー

 

⑥食べる順番がいつも野菜からである(ダイエットで推奨されている食べ順)

 

⑦朝食の米など炭水化物を1口だけなど糖質をかなり制限している

 

⑧糖質0にしてたんぱく質とサラダなどの野菜しか食べない

 

⑨朝食代わりにサプリメントなど健康食品のみで済ましている

 

⑩朝食に生姜紅茶や漢方茶のみなど固形食品を食べていない

 

などなど、他にもたくさんありますが、

 

上記のいずれも冷えのリスク大です

 

一体なぜでしょうか?

 

ここから先は実際の創健術プログラムを受けた方しか説明できないのでご了承下さい

 

あなたがココロもカラダも

イキイキとポカポカであることを応援しています

健康に感謝

読んでいただいたあなたに感謝

—————————————————————————–

創健スタジオSASUKEの特徴

当スタジオオリジナル健康増進メソッドである創健術は、

健康の柱となる「血流」「姿勢」「呼吸」「栄養」の4つのバランスを整えます!

脳科学、生理学、運動学、東洋医学、栄養学などの学問的知識と、

現場での臨床経験をもとに体系化しています

身体・精神の健康に大きな影響を及ぼす「冷え」の改善を第一のステップとし、

冷えを克服することで様々な不定愁訴や病気の予防・改善を目指します

また、明るく健康的なマインドづくりをすることで、思考や行動の面でも前向きな変化が見られ、

仕事や人間関係など人生全般が上向きになると評判のメソッドです

—————————————————————————–

0942-65-9211

トレーニングを
予約する

冷え体質チェックリスト100