マガジン

冷え性体質改善に必要な「塩」の話② その不調ミネラル不足かも・・

2021.10.28

 

塩、夏バテ、虚弱体質、低体温、低体力

冷え性体質改善に必要な「塩」の話②

 

健康な身体を大切にする素敵なアナタへ

 

今回も冷え性体質改善に特に必要なミネラルと塩についてお伝えしていきます

 

前回のマガジンはこちら

 

冷え性体質改善に必要な「塩」の話① その食べてる塩は大丈夫?

以下に当てはまる人はマガジンの内容を要チェックです

 

☆こんな人は要注意☆

 

◎安い食塩を普段から摂取している人

 

◎ジャンクフード(ファストフード)をよく食べている人

 

◎痛み(神経痛など全般的に)がなかなか改善されない人

 

◎むくみがなかなかとれない人

 

◎低体温(35度台)や冷え性体質の人

 

◎感情のコントロールができず、落ち着かない人

 

前回の続き‥

塩、夏バテ、虚弱体質、低体温、低体力

海水療法の効果を証明したフランス人生理学者ルネ・カントン氏は、

 

「すべての人の病気のほとんどは、

 

ミネラル不足及びミネラルのアンバランスが原因である」

 

という、仮説をもとに様々な研究を実施してきました

 

その中でも、強いインパクトを与えたのが、

 

カントン氏の愛犬を実験対象にしたことです

 

ミネラル不足に陥った愛犬を実験台に、

 

海水を薄めて血管に注入して体調の変化を記録していたのです

 

ミネラル不足では、

 

腹部が膨れ、身体はグッタリ、低体温、腎機能低下などの症状が出現します

 

この状態に愛犬の体重と同程度の量の血液濃度に近い海水を注入すると、

 

体温は上昇し、数日後には生体機能が完全に回復し、

 

体重も元の状態に戻りみるみるうちに回復したのです

塩、夏バテ、低体力、低体温、虚弱体質

 

さらに、研究は進みます

 

なんと今度は「犬から血液を抜き、海水を入れる」というものです

 

体重10キロの犬の20分の1相当の425gの

 

瀉血(しゃけつ:血を抜くこと)を4分間にわたって実施

 

まず、角膜の反射が消失し、血を抜き取るのが不可能な状態となり、

 

海水を11分間にわたり、532gを注入

 

すると、角膜反射が再び確認可能になりました

 

瀉血後は680万あった赤血球は290万に減少

 

犬は4日間ほど衰弱していたそうですが、

 

その後赤血球と白血球も急増し、回復したそうです

 

これらの実験から、

 

①白血球の増加

 

②感染に対する抵抗力の増大

 

③急速な活力の回復

 

④赤血球の急速な回復

 

などの効果を証明しました

 

これが「タラソセラピー(海水療法)」の始まりです

 

次回も塩の話が続きます

 

オススメは沖縄の塩「ぬちまーす」「雪塩」です

一体なぜこちらの塩が良いのでしょう

 

興味ある方は、今後のマガジンも参考にしてください

 

あなたがイキイキとポカポカであることを応援しています

健康に感謝

読んでいただいたあなたに感謝

—————————————————————————–

創健スタジオSASUKEの特徴

当スタジオオリジナル健康増進メソッドである創健術は、

健康の柱となる「血流」「姿勢」「呼吸」「栄養」の4つのバランスを整えます!

脳科学、生理学、運動学、東洋医学、栄養学などの学問的知識と、

現場での臨床経験をもとに体系化しています

身体・精神の健康に大きな影響を及ぼす「冷え」の改善を第一のステップとし、

冷えを克服することで様々な不定愁訴や病気の予防・改善を目指します

また、明るく健康的なマインドづくりをすることで、

思考や行動の面でも前向きな変化が見られ、

仕事や人間関係など人生全般が上向きになると評判のメソッドです

—————————————————————————–

0942-65-9211

トレーニングを
予約する

スクールサイト
はこちら
オンラインサイト
はこちら
冷え体質チェックリスト100