マガジン

冷え性体質改善につながるたんぱく質の選び方

2021.04.26

【冷え性体質改善につながるたんぱく質の選び方

 

健康な身体を大切にする素敵なアナタへ

 

最初に言っておきますが、基本的に

 

食品にこれが良いとか悪いとか善悪はないです

 

身体の仕組みを理解し、きちんと目的によって食品の選択をするかどうかなんです

 

特定の食品ばかりを食べる、

 

サプリメントが必要と勘違いして不必要に摂取するなど

 

身体の仕組みに応じていない食品の選択が思わぬ身体の不快な症状へと向かっていくのです

 

さて、今回は肥満型冷え性の人への注意ポイントです

 

肥満型冷え性の方は過剰な脂肪、内臓脂肪の蓄積により、

 

インスリンなどの反応が鈍くなり、細胞へ栄養素が届きにくくなり、

 

その結果、細胞で熱が作られにくくなります

 

よって、冷えやすくなるというパターンに陥ります

 

と同時に、糖代謝が低下している可能性があるので、

 

糖尿病などの疾患も併発していないか確認が必要です

 

これらの状態を細かく把握するためには血液検査のデータがあると一目瞭然です

 

 

【BMI25以上の肥満型冷え性タイプが選ぶべきたんぱく質の種類とは?

 

例えば、よく現場でみかける間違いあるあるですが、

 

赤みのお肉には脂肪燃焼に良いとされる

Lーカルニチンが含まれているからと言ってたくさん食べる人

 

は、ただ太ります

 

ダイエットに良いとオススメする方もいますが、

 

赤身のお肉にはたんぱく質以外に動物性脂肪分も多々含まれているので、

 

たくさん食べるとたくさん脂肪も身についてきます

 

また、動物性脂肪は飽和脂肪酸とも呼ばれ、

 

油の性質でみると、ガチガチの固い油の特徴を持っています

 

僕はよくジャンプ漫画のワンピースのとあるキャラクターで油の特徴の説明をします

 

ゾロという3本の刀を持つ剣士がいますね

 

油も三本の鎖(刀)がどんなものを持っているかで性質が決まります

 

飽和脂肪酸は隙間なくギチギチにギュッと詰まっているためとても固い剣(鎖)なので、

 

細胞膜が固くなり、ホルモンのキャッチ反応が低下するなど、

 

摂りすぎは冷え性や肥満など様々な疾病の原因となり得るため、摂取量には要注意です

 

まとめると、

 

肥満型冷え性の方が体質改善やダイエットで選ぶべき食品は、

 

上記画像の食品カテゴリーマップでいうところの

 

豆腐や納豆、枝豆などの植物性たんぱく質(カテ2A)及び

 

魚介類(カテ2B、2C)を摂取しましょう

 

特にカテ2B、2Cは多価不飽和脂肪酸という柔らかい性質を特徴としています

 

つまり、細胞膜の柔軟性が高まり、インスリンなどのホルモンのキャッチ能力が上がり、

 

栄養素など供給もスムーズになると言うことです

 

カロリーでは、国産の赤身ステーキ3分の1枚(一般的に外食で出されるサイズ)とマグロの刺身10切れで同等の量です

 

というわけで、

 

動物性の肉(カテ2D、2E)のジャンルは脂肪分が多いので、

 

魚の脂と比べると脂肪になりやすいので肥満型冷え性者やダイエット目的の人は避けるべき食品となります

 

【たんぱく質と思って食べたら脂の塊だったという食品とは?

 

ところで、主成分で食品を分類しているのが食品カテゴリーマップの特徴です

 

そして、実はたんぱく質よりも脂質の量が多い(多脂性食品)の見極めが難しい食品があります

 

特に僕が今住んでいる久留米は、

 

豚バラや鶏皮など美味しいものが目白押しですが、

 

実は、これらの主成分は「たんぱく質」では無く「脂なのです

 

つまり、食べれば食べるほど飽和脂肪酸が過多なので脂肪が身についてしまいます

 

肥満型冷え性の方やダイエットを目的とされる方で、

 

たんぱく質補給と思って、豚バラや鶏皮を山ほど食べるとなかなか結果につながらないことになります

 

冷え性体質改善中に上記の食品をやめられないなら、

 

できるだけ付け合わせのキャベツやサラダなど(カテ3)を事前に一皿分以上食べましょう

 

食べた食物繊維の量に応じて、その後に食べた脂分を吸収させないようにします

 

食物繊維が脂の吸収を抑えますが、両手のひらにこんもりと3杯以上食べないとほとんど脂は吸収されてしまいます

 

裏技としてパウチタイプの〇〇ゼリーを一個摂取すると、1個につき脂肪吸収が約10%程度抑制されます

 

ぜひ参考にしてみてください

 

あなたがココロもカラダも

イキイキとポカポカであることを応援しています

健康に感謝

読んでいただいたあなたに感謝

—————————————————————————–

創健スタジオSASUKEの特徴

当スタジオオリジナル健康増進メソッドである創健術は、

健康の柱となる「血流」「姿勢」「呼吸」「栄養」の4つのバランスを整えます!

脳科学、生理学、運動学、東洋医学、栄養学などの学問的知識と、

現場での臨床経験をもとに体系化しています

身体・精神の健康に大きな影響を及ぼす「冷え」の改善を第一のステップとし、

冷えを克服することで様々な不定愁訴や病気の予防・改善を目指します

また、明るく健康的なマインドづくりをすることで、思考や行動の面でも前向きな変化が見られ、

仕事や人間関係など人生全般が上向きになると評判のメソッドです

—————————————————————————–

0942-65-9211

トレーニングを
予約する

スクールサイト
はこちら
オンラインサイト
はこちら
冷え体質チェックリスト100