マガジン

冷え性は整体いらずのセルフケアにより胃腸と睡眠の質UPで改善 40代 Yさんのケーススタディ

2022.04.23

冷え性体質改善のための運動が全く効果無し・・・

 

健康な身体を大切にする素敵なアナタへ

 

今回は実際に当スタジオで創健術を習得し、実践された方の実例をご紹介させていただきます

 

Yさんのケーススタディ 「毎日のウォーキング、週1のズンバ、週2のゴルフでは温まらなかった」

 

一体なぜなのか?

 

Yさんとの初回カウンセリングで、冷え性気をつけたいポイントがいくつかピックアップできました

 

一緒に読み解いていきましょう

 

【やせ型冷え性の人に多い点とは?】

 

実際のYさんのカウンセリング例です

 

・やせ型タイプ(BMI18以下)

・デスクワークが主体のお仕事

・食事は特に野菜、魚、豆腐が中心でお肉あまり食べない

・少食

・サプリメント飲まない

・間食しない

・睡眠の質が悪く、寝つきが特に悪い

・運動は毎日ウォーキング、週1でエアロビやズンバなど、月数回ゴルフなどを実施

・肩こり、腰痛で整体によく通っている(いつも右半身に不調が多い)

・自律神経が乱れていると自分でも気にしている

・生理痛がキツい

 

ここからさらに足反射区のチェックでは、胃、小腸、左の脳、腎臓に機能低下がありました

 

また、バランスボードを用いた重心バランスチェックでも右側に偏りがある「右重心」でした

 

胃腸を強める、睡眠時の枕調整、身体重心トレーニングがカギ

 

では、以上の点から実際にどのような手法を用いて改善に向け、アプローチしたか紹介していきます

 

このようなやせ型で冷え性をふくめた不定愁訴がある方は、

 

東洋医学の観点では、「気虚」や「血虚」タイプと分類されます

 

冷えや肩こりなどの原因は姿勢・身体の動作と血液量不足になります

 

血液の流れを気にして、運動をたくさんされている方も多いですね

 

さすがに1年間毎日歩いているのに体質が変わらないというのは、

 

「せっかく努力してるのに、なんでかわらへんねん!!」

 

と、僕だったらめっちゃイライラしてしてしまいます

 

あなたもそう思いませんか?

 

さて、実際にアドバイスして、変化が起きました

 

創健術を伝授して2週間でセルフケアを伝授し、整体に行く頻度が0になりました

 

まず、やせ型冷え性の人は血液をつくる力が弱っています

 

胃腸のケアと姿勢による内臓の圧迫を減らし、内臓コンディションと血流ケアを同時に紹介しました

 

アドバイスした内容はコチラです

 

【胃腸を含めた内臓コンディショニング】

 

①野菜からではなく、お米(ブドウ糖主体の食品)から食べ始める

②足反射区で胃と小腸の反射区を自分でも刺激する(市販のフットマッサージ機器も活用)

 

【睡眠の質と血流を高めるコンディショニング】

 

自律神経が乱れると体温調整に関わるシステムが低下します

 

特に胸椎が温度調整に関係しします

 

さらに物理的な骨盤や股関節、背骨が歪んだままでいると、

 

かみ合わせも崩れ、頭痛や握力低下、脳内のリンパの流れも滞って頭がぼーっとしていきます

 

よって、お仕事中の歪みや睡眠時の寝具環境を整えるためのアドバイスがこちら

 

①枕の高さと頭、頸椎、胸椎、肩甲骨の位置を調整

(横になった瞬間に鼻から快適に息がスッと入るのがわかります)

 

②ストレッチポール、ピラティスのオススメエクササイズで1日5分~10分で姿勢調整

 

③市販バランスボードで重心チェック

 

【運動による血流調整】

 

運動するために事前にクリアしておかないといけない、

 

身体の使い方(歩き方、立ち方、座り方、道具の握り方など)をレクチャーしました

 

①歩くときは歩幅と歩隔を意識する(ややがに股歩きが正解)

 

②運動前は必ずバランスボードで重心が安定しているかチェックしてから始める

(重心が安定しないときは無理な運動はしない)

 

今回のYさんの場合は、各種運動する習慣があり、

 

とても意欲は素晴らしいのです

 

ところが、歪みや無駄な力の使い方(力み、こわばり)が新たな歪みを引き起こし、

 

運動すればするほど、歪みが悪化し、必ず次の日は右半身が特に不調で苦しむという日々でした

 

運動前に重心バランスをチェックすることで、身体の偏り加減を把握し、

 

丁寧な身体の使い方を実施することで血流障害のリスクも減らせます

 

意外にも毎日の日常生活動作や仕事での細かい作業における血流障害が積み重なることに気づいていない人が多いのです

 

「千里の道も一歩から」という言葉がありますが、

 

「冷え性の道はその一歩、その一動作から」というものがあります

 

僕が勝手につくりました笑

 

さらに、身体に合わない身体の使い方が、

 

末端冷え性や無駄な疲労から自律神経が乱れます

 

ここから温度調整が不良になり、さらに冷えを生むことになるのです

 

また、重心バランスが取れない原因が脳の循環不足(脳の栄養不足)がありました

 

この場合は、脳の血流調整にオススメのサプリメント(DHA、EPAなどのフィッシュオイルなど)を摂取してもらいます

 

そして、バランスチェックをしながら運動を実施すると身体のバランスは安定するのです

 

これが本当かどうかは残念ながら直接指導を受けてみないと分からないです

 

「私、失敗しないので」ドクターXばりに楽しみにしてください!

 

実は以前は「3ヶ月コース」や「6ヶ月コース」と週2回通いながら、

 

創健術プログラムを受けることを目的とするサービス展開をしていました

 

しかし、セルフコンディショニングの重要性や予防医学の観点から、

 

日常的に誰でも平等にコスパ良く、

 

健康づくりを促進する方法をもっとまとめるべきだと考えました

 

臨床現場のデータや会員様の身体の反応をみながら、安全性、正確性、効率性などを考慮し、

 

特に冷え性に対応出来る健康増進が病気やケガの予防にも共通して効果があることを見つけました

 

最終的に現在の通い続けなくても冷え性の予防や改善につながる健康増進メソッドとして生まれたのです

 

冷え性専門のセルフケア教室として、

 

毎日誰でも出来る、

 

身体の仕組みと市販のコスパの良いアイテム、サプリメントなどを依存ではなく、活用しながら、

 

通わず自分で問題を発見し、自己解決できるようになることを、

 

最終目標として、様々な学問から統合したプログラムを提供しております

 

特殊な修行や訓練を積まなくても大丈夫です

 

漢方薬や激しい筋トレ、極端な栄養摂取(ショウガだけ食べるなど)、整体に週何度も通わないといけない

 

上記の様な方法でしか冷え性は変わらないと感じている方にとってオススメの創健術プログラムです

 

決して安い金額ではないですが、長い目で見ると、立派な健康投資としてお役に立てます

 

まずは、初回カウンセリングからあなたの身体と向き合うお時間をつくってみてはいかがでしょうか?

 

あなたがイキイキとポカポカであることを応援しています

健康に感謝

読んでいただいたあなたに感謝

—————————————————————————–

創健スタジオSASUKEの特徴

当スタジオオリジナル健康増進メソッドである創健術は、

健康の柱となる「血流」「姿勢」「呼吸」「栄養」の4つのバランスを整えます!

脳科学、生理学、運動学、東洋医学、栄養学などの学問的知識と、

現場での臨床経験をもとに体系化しています

身体・精神の健康に大きな影響を及ぼす「冷え」の改善を第一のステップとし、

冷えを克服することで様々な不定愁訴や病気の予防・改善を目指します

また、明るく健康的なマインドづくりをすることで、

思考や行動の面でも前向きな変化が見られ、

仕事や人間関係など人生全般が上向きになると評判のメソッドです

—————————————————————————–

0942-65-9211

トレーニングを
予約する

スクールサイト
はこちら
オンラインサイト
はこちら
冷え体質チェックリスト100