マガジン

冷え性体質改善が上手くいかない原因の多くはアレンジの加えすぎ

2020.10.10

【冷え性体質改善したいならノウハウの教わった量と質で実践すること

 

健康な身体を大切にする素敵なアナタへ

 

今回は冷え性で悩む方が陥りやすいあるあるパターンについてです

 

結論として、僕が言いたいことは、

 

「どんなジャンルでも専門家に習ったとおりに

まずはきちんと実践してください!」

 

ということです

 

さて、初回個別カウンセリングできちんとお身体の状態を把握し、

 

その後コースを受講していただき、

 

学んだノウハウを日々の生活で実践していただくことになります

 

ここで重要なポイントはタイトルの通り、

 

教わったノウハウをきちんと言われた頻度や回数、

量や質も含めて取り組めているかどうかになります

 

当然、コースの講習では誰でもわかりやすく実践できる内容をお伝えしていきますが、

 

たまに自己流でアレンジを加えてしまい、

 

冷え性の体質改善がうまく進まないケースがあります

 

例えば、

 

「痩せ型で糖尿病など血糖調整に問題ない方の場合」

 

栄養面ではカテ1(ブドウ糖が主体の炭水化物)から食べ始めていただきます

 

一般的には野菜から食べることが当たり前になっていますが、

 

これも目的や悩みに応じて食品選択と食べる順番、タイミングなどを考慮しないと何も問題解決されません

 

この食べる順番を無視してアレンジを加えて、

 

冷え性体質改善に合わない食べ方をすると、

 

当然体温も上がらないし、冷えを防ぐことが困難になります

 

たかが食べ方と思うかもしれませんが、

 

身体の原則原理からすると非常に大切なポイントです

 

上記の様な細かいポイントこそ大きく影響します

 

このように自分自身で、

 

「これぐらいだったら良いだろう」

「これは別に影響しないよね」

 

などと自分勝手にアクションを起こしてしまうと

 

せっかく今まで上手くいっていた歯車が、

 

がたがたと崩れ去る可能性もありますのでご注意下さい

 

上手く冷え性体質改善される方は素直な方が多いのも事実です

 

なので、初回に健康マインドも重要なことを伝えています

 

 

【実は自分自身が疑い深かった経験がある

 

さて、今では身体の仕組みをお伝えする専門家として仕事をしている僕ですが、

 

自己紹介に記載してあるように幼少期は虚弱体質の経験、

 

学生時代は部活により繰り返すケガとのたたかいを経験してきました

 

2012年に久留米に来てからは流行に惑わされない身体の仕組みの研究に没頭しながら、

 

さらに自分の身体や健康を守ることに必死で学びを増やしてきました

 

学生時代には自分なりにどうやったら筋肉を増やせるのか?

 

どうやったら各競技で必要なパフォーマンススキルを上げられるか?
(陸上長距離、硬式テニス、アルティメットを経験)

 

どうやったらケガを克服し、どのようなリハビリが効果的なのか?

 

TVやメディア、雑誌、図書館で専門書を借りて読むなど

そう考えて実践していた日々でした

 

学生時代の苦しんだ時期は実際に治療院やトレーニングジムに行ってみようとか、

プロの技術に頼ってみようとは一度も思ったことがありませんでした

 

それはなぜかというと、

 

ココロのどこかで病院や整骨院等では

自分で出来るセルフケアや養生法を教えてもらえるはずがないと期待していなかったこと、

 

どうせ長くダラダラ通わせるだけのビジネスであり、

うさんくさいプロにしか出会えないだろうと思っていたからです

 

相当ひねくれていますね笑

 

「誰かにちょこっと聞いた、教えてもらったくらいで

自分で実践して期待できる効果が得られるはずないやん」

 

と、そういう風に思っていました

 

でも、この道に入ると決めてからは、

 

当時の自分は救えなかったけれど、

 

その救えるポジションに自分自身がなることで、

 

僕と同じように困っている方の助けになるだろうと感じ、

 

ひたすらその目標に向けて今も前進し続けています

 

 

【自己流はギャンブル、きちんと師匠や相談できる専門家を見つけることが大事

 

そんな疑い深かった僕ですが、

 

今では運命的に貴重な御縁をいただいて、

様々な分野での師匠と呼べる方々や同じ意志を持ち共感できる仲間たちと出会うことができています

 

おかげさまで本格的に身体の仕組みなどの真髄を学び始めて、

僕自身の生き方、価値観や考え方が変わりました

 

その中で気づいたことは、つまみ食い程度のTVやメディアの情報や

 

専門家でもない誰かに聞いたくらいでは、

 

すぐに身体パフォーマンスは上がらない、

 

冷え症の場合では体温がすぐに上がらない、

 

継続的に身体が温まらないということ

 

きちんと専門家で実績を出し続けている人から

 

教わったノウハウを教わった量や頻度、

タイミングと質で実践しないと結果は出ない

 

ということに改めて気づかされました

 

このことはどんなジャンルの学びにも言えることです

 

教わったけどその通り実践しない(できない)

 

教わった量(質)で実践しない(できない)

 

そして、実践しないうちに

 

「何か違うかもしれない‥」

「私には合ってないんじゃないか‥」

 

と、また次の別の健康増進施設や健康指導者に

自分の欲しい答えを探しに行くのです

 

これがノウハウジプシーのできあがる工程です

 

昔は健康指導者や健康増進施設を信用していなかった僕が

なぜ今結果や実績を増やし続けることができているかというのは理由があります

 

まずは師となる人のノウハウやアドバイスを信じて、

 

教わったことを教わった通りに実践してきたからです

 

もちろん、苦手なことや取り組みたくないこと、

めんどくさいこともたくさんあります

 

でも、まずは実践してみることで、

上手くいかない原因や工夫を積み重ね、

 

最終的には試行錯誤したからこそ見えてくる結果があります

 

しっかりと教わったことをやりきること、

 

それにより自分の当たり前が変わり、

 

そこから見出せるものも多くなります

 

実は、当スタジオでも

今現在別の健康増進施設に通っている、

 

別の健康増進者による指導やアドバイスをコーチしてもらっている、

そんな方も多くいらっしゃいます

 

「今の教えてもらっているやり方が合わない気がする」

「今の方法ではぜんぜん効果がでていない、期待できる状態になっていない」

 

もちろん、「創健術」は間違いなくあなたの役に立ちますが、

 

現在他施設学んでいる方は、まずはその専門家のノウハウをきちんと実践して

やりきってみることをオススメします

 

やりきってダメだった場合は、

身体の仕組みから根本的にズレていることを実践していることになります

 

「自分都合の欲しい答え」だけを求めているうちは、

期待できる結果や反応は出にくいので

 

自分が取り組むマインドを変えましょう

 

あなたがイキイキとポカポカであることを応援しています

健康に感謝

読んでいただいたあなたに感謝

—————————————————————————–

創健スタジオSASUKEの特徴

当スタジオオリジナル健康増進メソッドである創健術は、

健康の柱となる「血流」「姿勢」「呼吸」「栄養」の4つのバランスを整えます!

脳科学、生理学、運動学、東洋医学、栄養学などの学問的知識と、

現場での臨床経験をもとに体系化しています

身体・精神の健康に大きな影響を及ぼす「冷え」の改善を第一のステップとし、

冷えを克服することで様々な不定愁訴や病気の予防・改善を目指します

また、明るく健康的なマインドづくりをすることで、思考や行動の面でも前向きな変化が見られ、

仕事や人間関係など人生全般が上向きになると評判のメソッドです

—————————————————————————–

0942-65-9211

トレーニングを
予約する

冷え体質チェックリスト100