マガジン

冷え性・生理痛はミネラル摂取とセルフ骨盤調整で改善 40代 Sさんのケーススタディ

2022.04.25

冷え性体質改善のために何をして良いかわからない・・

 

健康な身体を大切にする素敵なアナタへ

 

今回は実際に当スタジオで創健術を習得し、実践された方の実例をご紹介させていただきます

 

Sさんのケーススタディ 「毎月の生理痛は当たり前だと思っていた、冷え性も放置したら治ると思っていた・・」

 

このように生理痛は毎月あるのが当たり前、冷え性は自然に良くなっていくものと考える人も多いです

 

しかし、放置すればするほど何かのシステムが機能低下してしまうことの方が多いのです

 

Sさんとの初回カウンセリングで、冷え性における気をつけたいポイントがいくつかピックアップできました

 

一緒に読み解いていきましょう

 

【デスクワーク冷え性の人に多い点とは?】

 

実際のSさんのカウンセリング例です

・標準体型タイプ(BMI22程度)

・デスクワークが主体のお仕事

・食事は特に野菜(キャベツ)、お肉が中心

・甘い物が大好き

・サプリメント飲まない

・睡眠の質が悪く、朝起きると頭痛や頚部や肩が凝る

・運動は毎日ウォーキング10分程度であまりしない

・肩こり、腰痛で整体によく通っている(頚部・腰部に負担がよくある)

・腰や膝など痛みがよく出る

・生理痛がキツい

・むくみ

・偏頭痛

 

ここからさらに足反射区のチェックでは、胃、腎臓に機能低下がありました

 

また、バランスボードを用いた重心バランスチェックでも重心がフラフラして不安定でした

 

骨盤の調整力、睡眠時の枕調整、身体重心トレーニングがカギ

 

では、以上の点から実際にどのような手法を用いて改善に向け、アプローチしたか紹介していきます

 

このようなデスクワークが主体のお仕事でむくみ、偏頭痛、冷え性を含めた不定愁訴がある方は、

 

東洋医学の観点では、「気滞」や「瘀血」タイプと分類されます

 

下半身冷え性や生理痛、腰痛などの原因は姿勢・身体の動作と血流悪化が原因になります

 

血液の流れを気にして、運動をたくさんされている方も多いですね

 

ただし、身体の仕組みにそった使い方や姿勢のとり方が必要なのです

 

「何をケアして良いかわからへんねん!」

 

と、困っている人も多いでしょう

 

あなたもそう思いませんか?

 

さて、実際にアドバイスして、変化が起きました

 

創健術を伝授して1ヶ月でセルフケアを活用し、整体に行く頻度が0になりました

 

また、人生で初めて毎月あった生理痛が全くなかったとのことでした

 

まず、現代人に多いデスクワーク型冷え性の人は血液を届ける、流す力が弱っています

 

血流調整に必要な栄養素と姿勢による内臓や骨盤の圧迫を減らし、

 

骨盤コンディションと血流ケアを同時に紹介しました

 

アドバイスした内容はコチラです

 

 

【骨盤を含めた姿勢コンディショニング】

 

①骨盤の正しい位置の把握(呼吸法や姿勢調整法、ピラティスなどを用いて)

ニュートラルポジションや丹田をコントロールする手法を習得してもらいました

 

②骨盤と背骨、頭蓋骨の連係プレーを高めるエクササイズとストレッチを実施

ストレートネックや頚や肩周囲に問題が起こる人は、

お仕事中の姿勢や身体の使い方に問題が必ずあります

ストレッチポールなどの市販アイテムも活用し、自宅でできる1日5分でできるセルフケアをお伝えしました

 

③枕の高さと頭、頸椎、胸椎、肩甲骨の位置を調整

(横になった瞬間に鼻から快適に息がスッと入るのがわかります)

 

【血液の質と血流を高めるコンディショニング】

 

①甘い物を摂取するときはミネラルやビタミンの含まれるオススメ食品やサプリメントを活用

 

チョコレートが欲しいときはマグネシウム不足です

 

また、偏頭痛の50%の原因はマグネシウム不足です

 

さらに、市販チョコレートに含まれる添加物は偏頭痛を悪化させます

 

チラミンというポリフェノールも血管を拡張させ、場合によっては頭痛を引き起こします

 

②むくみや生理痛対策に天然塩の摂取を実施

 

むくみには特にカリウムが効果的

 

さらに生理痛も偏頭痛と同様、マグネシウム不足が大きな原因を占めます

 

これらを食品だけで摂取するのは難しいため、オススメの天然塩から確保してもらいました

 

血液の質自体をよくしていけば、自然と血流もサラサラになり、

 

栄養や酸素が細胞の隅々まで行き渡るようになります

 

その結果、冷え性や生理痛などの不快な症状も減っていきます

 

④1日5分からでも効果的な足反射区療法を用いて、むくみケア、冷え性・生理痛ケアを実施

 

スタジオで足反射区療法ケアを伝授するときは、

 

まずは受けて体感してもらいます

 

Sさんはむくみがひどく、腎の部分に弱りがありました

 

血液検査のメディカルデータチェックでも少し機能低下がありました

 

足反射区療法を実施するとものの15分程度で、

 

めちゃくちゃオシッコにいきたくなるのです

 

そして、施術後だけでなく、自宅でも大量に出たそうです

 

「オシッコが一度に2リットルぐらい出たんですけど、大丈夫ですか?」

(あくまでSさんの個人的主観での感想です)

 

わざわざ、自宅からお電話をいただくほど身体の反応に驚かれていました

 

 

【運動による血流調整】

 

運動するために事前にクリアしておかないといけない、

 

身体の使い方(歩き方、立ち方、座り方、道具の握り方など)をレクチャーしました

 

①歩くときは歩幅と歩隔を意識する(ややがに股歩きが正解)

 

②運動前は必ずバランスボードで重心が安定しているかチェックしてから始める

(重心が安定しないときは無理な運動はしない)

 

③デスクワーク時の効率良く作業するための正しい姿勢のとり方、手指の使い方、座り方

 

④手の疲労と目の疲労を解消するセルフケアの伝授

 

今回のSさんの場合は、

 

全く運動していなかったり、セルフケアに対する取り組みがほぼ0でした

 

ポジティブに言い換えると、

 

何も取り組んでいない分、変われるチャンスが山ほどあるということ

 

伸びしろが多い分、きちんと健康管理のためのセルフケアを習得することで、

 

生まれて初めて生理痛がなかったなどの反応が起こるのです

 

実は以前は「3ヶ月コース」や「6ヶ月コース」と週2回通いながら、

 

創健術プログラムを受けることを目的とするサービス展開をしていました

 

しかし、セルフコンディショニングの重要性や予防医学の観点から、

 

日常的に誰でも平等にコスパ良く、

 

健康づくりを促進する方法をもっとまとめるべきだと考えました

 

臨床現場のデータや会員様の身体の反応をみながら、安全性、正確性、効率性などを考慮し、

 

特に冷え性に対応出来る健康増進が病気やケガの予防にも共通して効果があることを見つけました

 

最終的に現在の通い続けなくても冷え性の予防や改善につながる健康増進メソッドとして生まれたのです

 

冷え性専門のセルフケア教室として、

 

毎日誰でも出来る、

 

身体の仕組みと市販のコスパの良いアイテム、サプリメントなどを依存ではなく、活用しながら、

 

通わず自分で問題を発見し、自己解決できるようになることを、

 

最終目標として、様々な学問から統合したプログラムを提供しております

 

特殊な修行や訓練を積まなくても大丈夫です

 

漢方薬や激しい筋トレ、極端な栄養摂取(ショウガだけ食べるなど)、整体に週何度も通わないといけない

 

上記の様な方法でしか冷え性は変わらないと感じている方にとってオススメの創健術プログラムです

 

決して安い金額ではないですが、長い目で見ると、立派な健康投資としてお役に立てます

 

まずは、初回カウンセリングからあなたの身体と向き合うお時間をつくってみてはいかがでしょうか?

 

あなたがイキイキとポカポカであることを応援しています

健康に感謝

読んでいただいたあなたに感謝

—————————————————————————–

創健スタジオSASUKEの特徴

当スタジオオリジナル健康増進メソッドである創健術は、

健康の柱となる「血流」「姿勢」「呼吸」「栄養」の4つのバランスを整えます!

脳科学、生理学、運動学、東洋医学、栄養学などの学問的知識と、

現場での臨床経験をもとに体系化しています

身体・精神の健康に大きな影響を及ぼす「冷え」の改善を第一のステップとし、

冷えを克服することで様々な不定愁訴や病気の予防・改善を目指します

また、明るく健康的なマインドづくりをすることで、

思考や行動の面でも前向きな変化が見られ、

仕事や人間関係など人生全般が上向きになると評判のメソッドです

—————————————————————————–

0942-65-9211

トレーニングを
予約する

スクールサイト
はこちら
オンラインサイト
はこちら
冷え体質チェックリスト100